老後に備えてマンション投資に挑戦|安定した収入にむすびつく

記事一覧

ファミリー

不動産の投資サービス

みんなで大家さんは、物件の賃貸利益を出資者で分配するサービスです。比較的少額出資から始められる等メリットがあります。高利回りのためか怪しいという評判もありますが、公式ホームページを見れば勘違いだとわかります。過去に営業停止になりましたが、事務方の不手際が原因なので、怪しい会社ではありません。

マンション

不動産の処分法とは

投資マンションを売却する場合の方法として一般媒介と専任媒介があります。誰でも購入を希望するような人気の物件であれば前者でもよいですが、そうではない郊外の物件の場合には後者の契約形態を採用した方がスムーズな売却が期待できるでしょう。

紙幣

海外でする不動産投資

日本国内での不動産投資は少子高齢化や人口減少などの課題に直結しています。そこでこれからますます経済の発展する東南アジアの新興国などに海外不動産投資をすることで、少ない資金で高い利回りの海外不動産投資が可能となってくるでしょう。

模型とお金

ワンルーム投資の準備方法

初心者が不動産投資をする場合に適しているのがワンルーム投資です。マンションの一室を購入して賃貸に貸し出す方法です。ワンルーム投資に必要な準備は、部屋の購入資金です。ローンの場合は物件価格の2割を用意します。本で投資の勉強をする他に、投資セミナーに参加して実践的な知識を身につけることも大事です。

マンション

将来の不安に備えよう

マンション投資を始めるのなら、特に首都圏23区が注目のエリアです。それは地方に比べ、人口流入が顕著に高いからです。特に都心はワンルームマンションに住む独身者が多く、それだけ投資すればリターンが高く望めるのです。

安定収入の確保に最適です

模型

リスク回避を考えよう

一発逆転の大儲けよりも定期的に確実な収入が欲しいと考えているのであれば、数ある運用手段の中でも、不動産投資をお勧めします。不動産投資というと中古ワンルームマンション等の収益物件を購入して、家賃収入を得るものというイメージが強いですが、それだけではありません。最近では金融商品にもなっています。その代表的なものが上場不動産投資信託です。上場不動産投資信託は数多くの収益物件を不特定多数の投資家が拠出した資金で購入し、運用をするというものです。上場不動産投資信託は株式市場で数万円から数十万円で売買されています。そのため、中古ワンルームマンションよりも手軽に始めることができます。少額から始めたいという人や、いきなり中古ワンルームマンションを購入することにはためらいを覚えるという人には、上場不動産投資信託が適しています。なお、不動産投資は安定収入が魅力的ですが、リスクも当然あります。その代表的なものが空室リスクです。但し、空室リスクは保有物件数を増やしたり、エリアを厳選することである程度軽減することができます。次に挙げられるものは災害リスクです。災害リスクとは地震などで保有しているマンションなどが倒壊してしまう様なケースを言います。災害リスクを軽減するためには、ある1つのエリアでいくつも物件を保有しないことです。上場不動産投資信託の場合には、これらのリスク回避策を運用会社がしっかりと考えながら管理してくれます。また、分散投資ではなくマンションを一棟丸々購入して投資をする人もいます。この場合、管理が大変になってくるためマンション管理会社に委託すると良いでしょう。マンション管理会社に任せておけば自身ですべてを管理する必要がなく、トラブルなども対応してもらえるため楽に不動産経営を行なっていくことができます。また、マンション管理会社によって対応や支払う料金は異なってくるので、安心して任せられる管理会社を選ぶことが重要となります。