老後に備えてマンション投資に挑戦|安定した収入にむすびつく

記事一覧

ワンルーム投資の準備方法

模型とお金

投資セミナーを活用する

初心者が不動産投資をする場合、やっておくべき準備があります。サラリーマンの場合はまず金銭面での準備が必要です。不動産投資というとマンション経営が思い浮かびますが、サラリーマンに向いているのはワンルーム投資です。マンションの一室を購入して賃貸に回すという方法です。初心者には向いている不動産投資です。この場合に準備しておく資金は、マンションの一室を購入する資金です。一般的には諸経費を含めて物件価格の2割です。それ以下でも可能ですが、ローンの支払いが多くなります。例えば3000万円のワンルームを購入するなら、600万円あれば安心です。初心者がその他に準備しておくことは、金融機関のローンの審査に通りやすくしておくことです。ローンを受ける金額にもよりますが、勤続年数が最低でも3年は必要になります。初心者でも将来は不動産投資をやろうと思っている人は、ローンの借入ができる勤続年数をクリアしておくことです。初心者とはいえ不動産投資をやるからには、事前準備として必要な知識を身につけておくことが必要です。不動産投資のための本を購入して、実践的な準備をしておきます。インターネットも活用すれば、効率的に勉強することができます。また、不動産投資セミナーに参加して具体的な知識を仕入れておくことも大切です。初心者の場合は無料のセミナーがあるので、それに参加する方が基本的なことを学べます。そのようなセミナーでは同じ志を持った人たちと知り合うことができ、色々な情報を集めやすくなります。