老後に備えてマンション投資に挑戦|安定した収入にむすびつく

記事一覧

将来の不安に備えよう

マンション

思わぬ収入になるかも

日本は急速な高齢化社会を迎えようとしています。そういった中で人口減少は地方で顕著になり、都心部、特に東京23区の人口流入は増え続けています。そこでマンション投資を貯蓄・投資の柱にしてはどうでしょうか。狙い目は都心に多いワンルームマンションです。もちろんやみくもに不動産を買うのではなく、人気エリアで交通や買い物など住生活環境が良い物件を見つけるのです。マンションの仲介業者や不動産会社の情報なども参考にしてある程度物件を絞り込みましょう。マンション投資につきものの不安は入居者が途絶えないかということです。プロのアドバイスを受けて自分で冷静に判断してください。次にマンションを購入したら、家賃の集金や住人のクレーム対応、メインテナンスなど雑用があります。そこで管理会社に全て任せるのです。もちろん手数料は発生しますが、煩わしい雑用から解放されますから、安心して自分の仕事に専念出来ます。空室になった時は管理会社に募集をかけて貰うのです。また投資の代表でもある株式投資やFXなら日中相場を気にしなければなりませんが、それも無用です。このようにマンション投資は保険や貯蓄同様、生活の土台にもなるです。マンション投資は打ち出の小槌とも言います。小槌は最初は一つですが、少しずつ増えれば、それだけリスクも低減し、収入は増えて行きます。老後の安定した生活を送る為に、一日も早く不動産を一つの投資先にしてはいかがでしょうか。