老後に備えてマンション投資に挑戦|安定した収入にむすびつく

記事一覧

海外でする不動産投資

紙幣

不動産投資を海外に向ける

少子高齢化、さらには人口減少が想定される日本では住宅需要が一変します。これまで資産形成に不動産投資がよく利用されてきましたが、物件の空室リスクや資産価値の目減りというリスクの方を意識しなくてはならなくなっています。そこで注目したいのが不動産投資でも、海外の不動産物件に投資をするという海外不動産投資です。特に東南アジアなどの新興国は、これからが経済的にも活発になりますし、若い人口がとても多いということが、海外不動産投資においてとても魅力になります。以前に比べると都市が発展をしてきたので、安く物件に投資をするということは難しくなってきました。それでも住宅需要はとても旺盛ですから空室の心配はありませんし、経済の発展とともに資産価値の上昇も見込まれます。海外不動産投資は日本で不動産投資をするよりも高い利回りで運用をすることが可能ですし、そもそも少ない資金で始めることができるという大きなメリットがあります。日本国内の不動産投資に多額の費用が必要でしかも期待するほどの利回りでもないのなら、海外不動産投資の方がより資産形成をすることが加速させることができるといえるでしょう。ただ何分にも不動産投資はその国や地域性などの情報をあらゆる角度から収集しておかないとリスク要因を残してしまいます。日本は基本的に平和で先のことを予測しやすいですが、海外では突然思いがけないことが起こることもあります。さまざまなことを想定しながら、慎重に海外不動産投資について検討しましょう。