老後に備えてマンション投資に挑戦|安定した収入にむすびつく

記事一覧

不動産の処分法とは

マンション

簡単な投資の手じまい方法

不動産価格が高騰する局面では投資マンションの勧誘が盛んに行われます。もっとも、価格が上昇傾向にあるうちに処分しなければ、下降局面に入った場合に利回り以上のキャピタルロスを被る恐れがあることから、危険を感じた場合にはなるべく早期に売却して手じまうことも重要です。投資マンションを売却する際は通常の不動産の売却と同様に仲介業者に依頼して買主を探すことになりますのが、この仲介業者をどこにするかが大きな検討事項となります。投資マンションの売却には一般媒介と専任媒介の二種類があり、前者は特定の一社のみに売却活動を任せるのに対し、後者は複数社に依頼する点が異なります。一見すると後者の方が投資マンションを売却できる可能性が大きそうですが、実際には他社にも依頼しているとなると積極的にその物件を売ろうというインセンティブが低くなりますので、一般媒介で期待していた効果を上げることは難しいケースが見受けられます。特に、都心の一等地にあるような誰もが購入したがる物件であれば問題はないのですが、郊外の物件で買主が限られるような場合にはそのエリアで実績のある仲介業者に任せて販売してもらう方が効果的なマーケティング活動が期待できるかもしれません。投資マンションを売却する際にはいかに迅速に処分できるかがもっとも重要なテーマとなることから、そのために必要な方法は何かという点を常に念頭において行動するようにするとよいでしょう。